異世界 一覧表

異世界一覧表とは、天夜の創作に登場する様々な異世界を表にまとめたもの。

概要

最高神セレスティア神、4大柱(狼神インディ様、アルティ、御魂狐、午紗ノ神)によって創造された神聖な世界。

様々な異なった環境や世界で民達が暮らす、この世のどの次元にも存在しないからできた世界。

一覧
ハキアマーダー教国 下記の『シエルトハイダ』から『オーティアスメヘル』までをまとめて呼ぶ呼び名。

シエルトハイダ

(旧名 天空の地)

階級の上位に位置する神々が住まう天空にある世界。

マギアノアール

(旧名 魔界街)

主に『カイヤ』や『モアルダー』などが住む禍々しく魔力に満ちた領域。

デルニレムノニアスの左上に位置する。

レムノール

(旧名 妖魔界)

草が生い茂るのどかな平野が中心に位置する世界。周りに異なった環境の領域が存在する。

デルニレムノニアス

(旧名 裏妖魔界)

主に『ハルス』が住む、レムノールと似た世界。

レムノールと同じく、周りに異なった環境の領域が存在する。

ザイトテリア 主に『イナリン』が住む、唯一宝石が取れる大渓谷の世界。
オーティアスメヘル 主に『シレーナ姫』が住む、水深5000mに存在する海底都市。

 

ヴォルクバルム超大国

ハキアマーダー一族の者のみが住む。

人口が100億人以上いる超大国。今も尚増え続けており、人口の4分の1はラリィの子供。

各異世界の解説

ハキアマーダー教国

最高神セレスティア神様が創造した国々をまとめて呼ぶ呼び名。

容姿を司る『アルティ神』、自然を司る『狼神インディ様』、力を司る『天照聖女 午紗ノ神』、魂を司る『宇迦之御魂狐』の4大柱と最高神セレスティア神様によって創造されたという伝説がある。

 

シエルトハイダ

遥か天高い所に浮いている神聖な世界。

島々が浮いていて、1番上には久遠くおんの間がある。

久遠の間に行く階段は澄み切った純真な魔力で形成されていて宙に浮いており、久遠の間には4大柱を表す巨大な柱が鎮座している。間には最高神セレスティア神様がおられる。

最高神セレスティア神様と久遠の間、間に行く階段は云わば、選ばれし者ハキアマーダー一族しか見えない。

狼神インディ様やアシオンなどのハキアマーダー一族や使い、神々が住んでいる。

ハキアマーダー教国の中で一番神聖な世界。

 

マギアノアール

禍々しい膨大な魔力に包まれている魔界。主にカイヤやモアルダーなどが住んでいる。

この世界出身の者は平気だが、外部の者がこの世界に入ると一瞬で全身が腐食し死に至る程の強大で膨大な魔力がある。

かつて、午紗ノ神や聖美が修行しに来たらしい。

 

レムノール

中心に草原の領域がある。

地獄、底無し海、死界などの異なった環境の領域が存在する。

草原では午紗ノ神や聖美が住んでおり、底無し海の水深5000m付近にはオーティアスメヘルがある。

 

デルニレムノニアス

主にハルスが住んでいる、レムノールと同じく異なった領域が存在する世界。

デルニレムノニアスの左上にマギアノアールがある。

 

ザイトテリア

イナリン、イルシオン、シャルルなどの五大竜の出身地。

神々の大戦でできた100m以上の深い大渓谷の世界。

パグコニウムやエネトリオンなどの鉱物は殆どここでしか採れない。

 

オーティアスメヘル

レムノールの底無し海の水深5000m付近に存在する海底都市。

元々は国として独立しており王族が居たが、訳あって王族が滅び都市になった。

王の孫『シレーナ姫』は現在もここで暮らしている。

 

ヴォルクバルム超大国

ハキアマーダー一族の狼達だけが住む、人口100億人以上の超大国。

中世のような街並みが延々と広がっている。

店や娯楽施設はここが1番発展している。

 

影界

漆黒の闇で形成された黒く禍々しい世界。

地獄よりも遥か深い場所に存在する。

この世界には外の世界に行き来できる『出入口』が無く、罪を犯した罪人などが神々によってここに突き落とされるくらいしかこの世界に入る方法は無い。

実は、モルガが冤罪でここに突き落とされかけたのがこの世界。

この世界には王族が住んでおり、そこの王と狼神インディ様との間に生まれた『影姫オディシア』が住んでいる。

error: このコンテンツの使用は禁止されています。 もし不正使用を発見しましたら、このブログのサーバーにあなたのIPアドレスが記録されます。