アロース・ヴァイデンス神 とは

アロース・ヴァイデンス神とは、天夜キャラの事である。

概要
名前 アロース・ヴァイデンス
年齢 8964俱胝(くてい)9798洛叉歳
能力 全てを一瞬で創り出し消す

風速800兆mを一瞬で起こす(風を司る)

種族 最高神(創造神)
二つ名 八枚翼の極大聖大神

雄大豪壮な深紫極大翼大神

詳細

最高神であるセレスティア・ユクレアス・ハキアマーダー神によって生み出された1人目の神様。

主に風を操る、風を司る神である。

異世界の日常にある『青神様の本当の力』という物語で、

嘘ばかりを吐き散らしセレスティア神の怒りを買ってしまったため、現在は呪いをかけられ永遠に極刑を受けている。

アロース神が極刑を受けているのは天空の地らしいが、セレスティア神とアロース神しか知らない特別な場所らしい。

現在、生きているのかは不明であり、天空の地では「アロース神は死んだ」と言われているが、アロース神が今どうなっているのかはセレスティア神しか知らない。

容姿

少し濁った緑色の身長より長い髪。

青く透き通った瞳で、モサモサした白い羽根の生えた翼耳。

ダイヤ型に胸とお腹に二つ空いた穴の濃い紫色の服。

白いモサモサした背中から生えた八枚の大きな翼。

胸から母乳が出る。

母乳が出るのはセレスティア神の遺伝であるとされる。

名前の由来

名前の由来は「偉大な(偉い)」という意味のgroß(グロース)からアロース、「摂理、神意、神」という意味のprovidence(プロヴィデンス)からヴァイデンス。