モルガ とは

  歴代メインキャラ
モルガは2020年6月13日をもって、レギュラーメンバーを引退しました。

 

モルガとは、天夜キャラクターのこと。また、天夜のメインキャラクターのこと。

概要
名前 モルガ
二つ名 罪無き守護堕天使
年齢 不明
種族 不明
能力 不明
詳細

5代目のメインキャラクター。

本来は「〜よ」「〜だわ」のような喋り方だが、いろんな事情で中の人の口調で喋る。

 

当時の最高神であったファンドラス・レイフル・ヴァイデンス神は自ら生み出した存在の『トレア(インディ)』のみを可愛がっていた。
トレア以外の頼れない邪魔な天使たちは追放される存在だった。
彼女もその1人。
彼女は貧弱な神『オーヴァー神』の看護をしていた。
トレアは彼女にずっと憧れていた。
トレアは『自らの身体にあの最低な最高神の血が流れている』『私はあの最低な最高神に生み出された存在』が嫌で嫌で仕方が無く、顔をしわくちゃにして大泣きしながら彼女に相談したり悩みを打ち明けていた。
トレアにとって彼女は”唯一トレアが頼れる天使“だった。
その様子を見ていたファンドラス神は『トレアの邪魔をする奴は許さない』と彼女を追放した。
ファンドラス神に追放されたら強制的に『処刑穴』と呼ばれる地獄(または闇界)に繋がる穴に落とされる。たとえ翼が生えていて飛べたとしても。
地獄に堕ちる寸前にオーヴァー神によって助け出されたが、地獄に入っていた右半身が暗黒に染まってしまった。──

 

今でもトレアと唯一仲が良い半堕天使。

右半身のみが地獄に入ってしまったため右半身が暗黒に染まっている。

頭の右側に紫の角が生えてるのも右目が緑色なのも翼が左しか生えてないのもそのせい。

暗黒時(他の天夜キャラでいう覚醒時)は見た目がガラッと変わり怪物のようになってしまう。

容姿

ピンク色の髪色。濃い紫のツノが大きいのが1本、小さいのが頭頂側に横に1本、更に小さいのが下側に1本生えている。

飛んがった三角のエルフ耳で金のピアス。

右目が緑、左目が黄色っぽい橙色のオッドアイ。

頬に濃い紫色の紋様で片翼(左翼)。

名前の由来

宝石の『モルガナイト』から。